必要最小限の時間で最大限の効果を


大学受験予備校として専門的なノウハウを持つ清流学館が、

受験勉強の経験がない方でも安心。

大学受験予備校として専門的なノウハウを持つ清流学館が、

基礎から丁寧に定着を確認しながら、受験対策までみなさんの学科対策をサポートします。

●学科対策


清流学館は、九州美術ゼミナールから歩いて5分程度の場所にある大学受験予備校です。九州美術ゼミナールと提携し、美術系の生徒さん達の学科対策にも長年携わってきました。一般的な大学入試とは、少し性質の異なる美術系学校入試についても、出題形式や実技と学科の得点比率、合格に必要となる能力などについて、熟知した講師が指導に当たっています。学科に自信がない方、受験勉強の経験が無い方でも、安心して受講してもらえるカリキュラムと指導方法で、基礎から丁寧に指導していきます。ときには中学分野まで立ち戻り、根本から誰にでも分かるよう指導していきます。知識事項についても、うまい覚え方や、効率良く勉強する方法などもどんどん伝えていきますので、徐々に学習能力も付いていくような指導方法で、加速度的に力を上げていくことが可能となります。(はじめは学科に自信が無かった生徒さん達も、このような指導で着々と力を付け志望校合格を果たしています。)

(1)時間帯
清流学館では、九州美術ゼミナールと提携しており、定期的に情報交換を行い、実技時間の妨げにならぬよう、時間帯を調整しております。そのため、都市圏にある美術系予備校と同様に、実技と学科対策の両方を、漏れなく受講していくことが可能です。

時期や生徒さんの学年や状況や希望により、時間帯には多少の変動がありますが、美術系学校の学科対策は、いずれも九州美術ゼミナールにおける実技指導が行われていない時間を使って実施しております。詳細は清流学館事務室まで直接お問い合わせ下さい。

・主要科目(英・国)以外の対策について

センター出願を希望される場合、

高校1・2年生の方等で高校勉強の対策を希望される場合、

美術系学校の受験科目以外にも指導対策を希望される場合、

なども、是非ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

学年や、社会人の方、など、受験生でない方々も、受講受け付けております。

清流学館は高校生・浪人生を対象とする、受験対策全般に対応する大学受験予備校ですので、美術系学校以外の学校についても、もちろん、各教科、様々な指導内容・指導形態を用意しております。

・自習室について

自習室は、朝9時から夜12時まで利用できます。( 自習室の利用料金は、基本料金に含まれています。)

(2)指導形式について

・講義授業について

基礎から丁寧に、効率良く教えていきます!

単に基礎からゆっくり、というだけでなく、もちろん試験当日までに、合格に必要な力を身につけることが出来るよう、実戦力・応用力の点でも不足のないよう、各到達段階を意識しながら効率よく指導していきます。(※年度初めから通って頂くことで効果はより高くなりますが、もちろん年度途中での来校の方にも、ある程度の人数が集まった段階で既習分野についても再開講し、必要事項に漏れが出ることがないよう意識し指導していきます。)

・個別指導について

指導を受けたときに、分からないことが出てくることもあると思います。

そういったことにも細かく対応出来るよう、清流学館独自の「分析指導(※1)」や、「個人指導」という個別対応の指導形態も準備しています。

是非こうした指導形態もうまく活用していき、必要なフォローや個別の対策、一人一人に特有の根本的問題発見とそれに対する対策などまで、受講されてください。

このような体制で指導にあたっていきますので、学科が苦手な人でも、安心して受講してもらえるはずです。

(※1】分析指導 については、下記URLの清流学館HPをご覧下さい。

大学受験予備校 清流学館 指導形態

http://www.seiryu-g.com/keitai/index.html


(3)主要科目の説明
【英語】

英語の基礎である語彙(単語/熟語)の効率の良い覚え方を指導し、定期的にチェックします。

さらに、英文法を全く分からない人でも、一から全て理解できるよう、品詞・文型などから体系的に伝達します。

また、該当範囲の練習問題を解くことで理解を深め、各自の穴を徹底的に潰しながら進めることが可能です。最後は、分野別チェックテストを実施、最短2ヶ月にてマスター出来ます。

中学から英語が苦手な生徒さんもいらっしゃる事でしょう。そのような場合においても、中学分野の英文法を短期間でマスター出来るプログラムを準備しております。

英長文を読解するには「上手い読み方」が存在します。

その読み方は、一度身につけてしまえば、どのような英長文だろうとも読めるようになります。

初めは簡単な英長文を使用し「上手い読み方」を伝授、問題を解いているうちに自然と「上手い読み方」が身につくよう指導していきます。

最後は、過去問演習を交え実践を積みます。

また、必要に応じて、分野別対策も実施しています。

各問題形式別に存在する「前提知識」や「解法」を、それぞれ1コマ~2コマの短時間にて伝授、訓練します。

一般的に、美術系大学の英語入試問題は、文法問題から、語句並び替え問題、英長文問題、英作文…と、様々な形式で出題されます。

各自の志望校に合わせ、必要な全ての形式における対策を分野別対策にて実施していきます。

英語の学科対策は、出来るだけ年度初めの早い時期から始めることをお勧めしますが、もちろん、年度途中での来校の場合でも、可能な限り伝達事項に漏れのないよう、工夫して指導して行きます。

<主な該当講義の一覧>

基礎英文法

(中級英文法)

基礎英構文

(中級英構文)

基礎英長文

(中級英長文)

美術系学校志望校別過去問演習と添削指導

語彙力強化対策(英単語・英熟語など)

各分野別対策(発音・アクセント・文法4択・語句整序・会話文・空欄補充・英作文 など)

【国語】

国語の授業では、点数を安定して取るための「読解方法」や制限時間内で合格点を取る為の「解法の習得」を徹底して指導していきます。

「読解方法」については、読解において欠かすことの出来ない、評論文でよく使われる言葉について、その意味や用い方や文中でのその知識の活用の仕方までを効率的に伝達し定着させるプログラムを準備しています。

「解法の習得」については、知っているのと知らないのとでは、大きく差が出る各学校の入試問題に特有の出題傾向について効率良く伝え、それぞれに対して合格点を得るのに最適な解法を伝授し、習得するまで訓練を積んでいけるようなカリキュラムにしています。

「解法の習得」については、伝達そのものは大半の場合、短期間で可能となります。

「読解力養成」については、前提知識や背景知識をどの程度理解しているか、さらに実戦訓練演習の際どの程度読めていたか、また読めていない場合、何故読めなかったかといったことを分析することが必須です。そしてその分析結果をもとに必要な対策を講師と一緒に良く見極め、対策を打ってから次の演習に取り組んでみる、といった、根気強いトレーニングを要します。

ですので国語の学科対策も、出来るだけ年度初めの早い時期から始めることをお勧めしますが、もちろん、年度途中での来校の場合でも、可能な限り伝達事項に漏れのないよう、工夫して指導して行きます。

美術系学校の入試問題は、特有の漢字読取・漢字書取の問題や、熟語・ことわざ・慣用表現・四字熟語などといった、語彙や知識も頻出であることが特徴でもあります。こうした面へも、分かりやすい教材で楽しく効率的に伝達し、定着を確認しながら進めて行けるプログラムを準備しています。

<主な該当講義の一覧>

現代文単語知識

文学史

(古典常識)

(基礎古典文法)

(基礎古典読解)

(漢文常識)

(基礎漢文句法)

(基礎漢文読解)

美術系学校志望校別過去問演習と添削指導

語彙力強化対策(漢字書取・漢字読取・ことわざ・慣用表現・四字熟語など)

(4)提携割引と無料体験について

九州美術ゼミナールに通っている生徒さんは、提携割引2割引きを常に適用しますので、通常より安く指導を受講していただけます。またその提携割引は、美術系学校への対策に限らず、清流学館の全ての指導に対して適用されますので、センター試験対策、二次対策を受講される場合にも、また高校生の方の学校対策を受講される場合にも、通常より安く受講していただくことができます。いつでも遠慮無くお申し付け下さい。

また、清流学館では、初めて来校頂いた方には、通常2週間、講習期間1週間の無料体験を用意していますので、是非活用し、体験してみてください。

(5)お問合せ方法

ご来校の前には、出来ればお電話で都合を教えていただき、日時を決めて面談から実施したいと考えています。

その面談の際に、志望校や進路に関して考えていること・迷っていること・指導に関する希望やその他ご要望などあれば、是非詳しくお聞かせ下さい。

その内容を踏まえた上で、各生徒さんにとって最適な指導を受講出来るようなカリキュラムを一緒に考えて、提案し、指導に入っていきます。

(最初に決めたカリキュラムを途中変更できない、等ということもありません。在籍中も一定頻度で面談を実施していきます。学習状況や進路変更やその他希望に応じて、適宜、カリキュラムの再調整も行っていきます。)

清流学館についてもう少し知りたい、という方は下記URLの大学受験予備校清流学館ホームページをどうぞご覧下さい。

皆さんのご来校、講師一同お待ちしています。

是非一度、お越し下さい。

大学受験予備校 清流学館

http://www.seiryu-g.com/index.php

住所 : 熊本県熊本市中央区坪井2丁目4-25(事務室1F)

電話 : 096-344-0933(時間 10:00~22:00)

FAX : 096-344-0933

e-mail :info@kyusemi.com


九州美術ゼミナール
〒860-0041 熊本市中央区細工町5-30-101 TEL:096-245-6471
Copyright (c) 2015 Kyushu Art Seminar. All rights reserved.